競馬予想品評会

タイムフィルターOnline



タイムフィルターOnLineは、テレビや雑誌で活躍中の“大御所”市丸博司が考案した指数入り出馬表をはじめとした競馬データベースをインターネット上で閲覧できるサービスです。

全指数入り出馬表データベースの閲覧
タイムフィルターOnLineの出馬表データベースでは、タイムフィルターの中核となる「タイムフィルター(TF)指数」のみでなく、ペースや展開を判断するための「スタート(S)指数」「ミドル指数(M)」「ラスト(L)指数」「ダッシュ(D)指数」も掲載します。タイムフィルターの5つの指数を全て見られるインターネットサービスは、タイムフィルターOnLineだけです。


市丸博司氏のタイムフィルター予想の閲覧
タイムフィルターの作者・タイムフィルターの作者・市丸博司みずからがタイムフィルターを使った予想情報を掲載します。 メインレースをはじめとして、自信のレースを6レース程度予想します。また、当日のオッズ、馬場状態等を考慮した予想コーナー「当日直前情報」も見どころです。みずからがタイムフィルターを使った予想情報を掲載します。 メインレースをはじめとして、自信のレースを6レース程度予想します。また、当日のオッズ、馬場状態等を考慮した予想コーナー「当日直前情報」も見どころです。

従来のタイム系理論との違い
1)コース形状の違いを基本に据えた能力比較
「日本の競馬はコース形状により時計の出方が大きく違う」ことを重視してコース別の「フィルター」を用意。従来のタイム系理論にあった「距離係数」「基準タイム」は撤廃した。

2)前半3ハロンと上がり3ハロンを除いた「中間タイム」を指数化
レースを左右するほどに重要な「中間タイム」を指数化し(ミドル指数)、ファクターに加えることでレースの流れを分析。理論の精度をアップさせた。

3)ペース分析による予想方法を確立

芝の中長距離戦では「TFペース」と名づけたペース分析による予想方法を確立。今回のペースに合った「ペースパターン」で高い指数をマークしている馬を有力視する。

4) ペースの内・外の馬場差(トラックバイアス)を導入
従来のタイム系理論にはない「コースの内・外の馬場差(トラックバイアス)」を導入することで、競走馬がレース中に通ったコースによる不公平を是正。

5)スローペースに完全対応
今やスローペースのレースは一般的に行われている。「スローだから指数が低い」では通用しない。スローペースでタイムが遅くなったレースもきちんと補正し、比較しやすくしている。

6)減量騎手補正を導入
減量騎手、特に▲3キロ減騎手が乗った馬のTF指数が実力以上に高くなる現象に対応した。▲騎手は、減量恩典を生かし切れないことが多く、▲騎手の斤量補正を無効化(一律3キロ増)している。また、前回▲減量騎手、今回は通常騎手、という場合に指数が低くなる傾向もあったが、この補正により解消している。




詳しくは下記サイトで御覧ください



タイムフィルターOnLine
市丸氏が考案したタイムフィルター指数。何と登録月は無料です!


競馬予想サイト
Web競馬王 栗東スポーツ
情報サイト闇馬券 SR競馬クラブ
ジパング 万馬券ファクトリー
ニューゲート 最強馬券術ダイレクト予想!
タイムフィルターOnline RATE BUSTER
邪道王 SHADOW KING IT式 日刊コンピトラップ
競馬予想サイト一覧



競馬予想品評会



ブログパーツブログパーツ